メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

劇団前進座「佐倉義民伝」 嵐芳三郎、村救う決意表現=評・小玉祥子

宗五郎の嵐芳三郎=小林万理撮影(前進座提供)

 古典歌舞伎では珍しい農民が主役となる瀬川如皐作品を前進座が通し上演。河竹黙阿弥補訂、平田兼三改訂、小野文隆補綴(ほてつ)。

 「門訴」「甚兵衛渡し」「宗五郎内」「直訴」「光然祈念」「印旛沼の畔」の丁寧な上演で、嵐芳三郎が初役で木内宗五郎に挑んでいる。

 厳しい年貢に苦しむ下総国佐倉領(千葉県)の名主木内宗五郎(芳三郎)は農民たちと共に、江戸にある領主の堀田家上屋敷まで減免を願いに赴くが受け入れられない。「門訴」では山崎竜之介の家老岩淵典蔵が敵役らしい憎々しさを出した。

 「甚兵衛渡し」と続く「宗五郎内」は上演頻度の高い人気場面。将軍家綱への直訴を決意し、その前に家族に…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです