メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたま赤十字病院

死産胎児、誤って流す トイレで清掃員

 さいたま市のさいたま赤十字病院で3月、入院中の女性(36)がトイレで死産した胎児を、誤って清掃員が流していた。16日、同病院への取材で判明した。病院は女性に謝罪した。

 病院や市保健所によると、女性は市内在住で妊娠14週だった。胎児の心拍が停止したことから、同月18日に死産処置するために入院した。翌…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです