メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯田達郎

劇団四季「ノートルダムの鐘」主演 温かい未来、いつか必ず

ポーズをとる俳優の飯田達郎=大阪市北区で、猪飼健史撮影

 「この作品への思いが強すぎて、どの場面が好きか聞かれても決められないんです」

 そう言いながら、冒頭から結末まで節目となる場面を次々と挙げ、一つ一つのせりふや歌に込めた思いを語り始めたら止まらなくなった。7月に2度目の京都公演が幕を開ける劇団四季のミュージカル「ノートルダムの鐘」で、日本初演の2016年から主人公のカジモドを演じている。「主演として作品を背負うのも、これほどの時間をかけて一つの役に向き合うのも初めての経験。再び京都の舞台に立てるのがうれしい」と喜ぶ。

 ビクトル・ユゴーの小説を原作に、14年にディズニーがミュージカル化。中世のパリを舞台に、ノートルダ…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1137文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. 恩人 捜しています 借りた飛行機代で帰郷 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです