メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊被害 一時金請求、壁高く 障害者団体、情報の周知を要望 /青森

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らに一時金を支給する救済法が成立したことを受け、県こどもみらい課は一時金の請求受け付けについての相談業務を始めた。ただ、対象者への個別通知はしない上、請求できるのも本人のみのため、障害者団体からは一層の配慮を求める声も上がっている。担当者は「広く情報が行き届くようにしていきたい」と話す。【岩崎歩】

 救済法は不妊手術の被害に対する一時金を一律320万円と規定し、対象は旧法の規定に基づく手術を受けた…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  4. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  5. 甲府市役所で男性職員死亡 飛び降りか /山梨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです