メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

ひな誕生 野生で55年ぶり 越前市 /福井

生まれたコウノトリのひな(中央の円の中)=福井県越前市安養寺町で、古木仁さん撮影(同市提供)

 越前市安養寺町に飛来しているコウノトリのペアから生まれた卵がふ化し、複数のひなが誕生した。市と県が発表した。県内の野外でひなが生まれるのは1964年以来55年ぶり、全国では6府県目となる。専門家は「この時を待っていた。地域のみなさんがコウノトリと共生できる環境を整えたことが何より大きい」とコメントし、住民にも喜びが広がっている。【大森治幸】

 コウノトリは両翼を広げると2メートルにもなる大型鳥で、国の特別天然記念物。日本では1971年に兵庫…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1231文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです