メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

ひな誕生 野生で55年ぶり 越前市 /福井

生まれたコウノトリのひな(中央の円の中)=福井県越前市安養寺町で、古木仁さん撮影(同市提供)

 越前市安養寺町に飛来しているコウノトリのペアから生まれた卵がふ化し、複数のひなが誕生した。市と県が発表した。県内の野外でひなが生まれるのは1964年以来55年ぶり、全国では6府県目となる。専門家は「この時を待っていた。地域のみなさんがコウノトリと共生できる環境を整えたことが何より大きい」とコメントし、住民にも喜びが広がっている。【大森治幸】

 コウノトリは両翼を広げると2メートルにもなる大型鳥で、国の特別天然記念物。日本では1971年に兵庫…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1231文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです