メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本・人・まち」つなぐ

「共読」本棚が誕生 交流通じ楽しさを知る /岐阜

 本を読む楽しさを知っている子どもたちは放っておいても本を読む。でも、本を読む楽しさを知らない子どもたちはそのまま本を読まないおとなになるかもしれない。良書を与えるこれまでの啓蒙(けいもう)的な読書教育だけでは、本好きの子どもたちには有効でも、そうではない子どもたちには届かないのではないか。

 どうすればよいかを考えながら、2年前に「岐阜市子どもの読書活動推進計画」を作った。その時に基本に置いた考え方が「共読」だ。松岡正剛氏が提唱した言葉である。

 独りで読むことで自分の中で完結するのが孤読。それに対して、本を読んだことで自分の内で生まれた感情や…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです