ふるさと納税

改定に各自治体困惑 地場産品、返礼品規定「厳しい」 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 6月1日に改定されるふるさと納税制度で、高野町を対象から除外すると総務省が発表した。6月以降は同町に寄付しても、制度の優遇措置は受けられなくなる。また、県内では湯浅町と北山村が6月1日から9月30日までしか参加を認められず、10月以降も参加するには7月に改めて申し出が必要となった。各自治体は国の決定に困惑している。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文582文字)

あわせて読みたい

注目の特集