メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぶくぶく潜水隊

串本・和深沖「ヨリコバ」 海底の希少な小魚 /和歌山

岩壁に沿って降りてきたキンギョハナダイの群れ=和歌山県串本町和深沖のヨリコバで、山本芳博撮影

 串本町和深沖約500メートルにあるスキューバダイビングのポイント「ヨリコバ」は外洋で潮通しが良く、エサとなるプランクトンが豊富なため小魚の群れが多い。珍しい種類も発見されたと聞き、私(隊長)は先月13日、水中撮影のために潜った。 【隊長、山本芳博】

 ヨリコバは海底にある大きな台形の岩礁が目印だ。底辺の最深部は水深40メートルで、レジャーダイバーが潜れる限界の深さだ。私はまず水深18メートルの岩礁上部に降りた。岩礁の側面を赤紫色のトゲトサカやオレンジ色のイボヤギといったサンゴの仲間が覆っていた。普段から潮通しが良い証拠だ。側壁に沿って海底に向…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文686文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです