昨年豪雨受け、水防計画改訂 点検箇所や観測所増設 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水防計画の改定案が承認された岡山県水防協議会=同県庁で、林田奈々撮影
水防計画の改定案が承認された岡山県水防協議会=同県庁で、林田奈々撮影

 県は昨年の西日本豪雨の反省を踏まえた県水防計画の改訂案を示した。大雨時、重点的に巡視点検をする「重要水防箇所」が改訂前と比べて倍増。川の増水状況を把握するための観測所も増設した。案は15日に開かれた協議会で承認され、今後市町村はこの計画に基づいて水防活動を展開することになる。

 重要水防箇所は、これまでの1248カ所から2466カ所に増えた。追加された箇所のほとんどが、堤防などに切れ目を入れて普段は通行…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集