メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
グリスロ潮待ちタクシー

低速EV、道が狭い鞆に 全国初の事業化 「安心・安全、ベストの車」とPR 福山 /広島

緑ナンバーをつけて走る「グリスロ潮待ちタクシー」=広島県福山市鞆町鞆で、松井勇人撮影

 時速20キロ未満で走る小型電気自動車(EV)「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」を使った全国初のタクシー事業「グリスロ潮待ちタクシー」が先月、道が狭い福山市鞆町で始まった。事業にあたるアサヒタクシー(同市新涯町2)の山田康文社長(48)は「鞆出身の祖母がしんどい思いをして坂道を上っていたのを思い出し、どうにかして最初に走らせたかった。この町で安心・安全に走れるベストの車だ」と話している。【松井勇人】

 グリーンスローモビリティは狭い道でも走れ、二酸化炭素の排出が少ないなどの特徴がある。公共交通の補完…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文539文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです