阿波銀本店

新営業部、12月開業 徳島にビル 床面積6割を開放 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年12月にオープンする新しい阿波銀行本店営業部ビルのイメージ=同行提供
2019年12月にオープンする新しい阿波銀行本店営業部ビルのイメージ=同行提供

 阿波銀行は、徳島市東新町1丁目商店街で建設を進めている新本店営業部ビルの概要を発表した。起業家や取引先による商品・サンプルの展示や、誰でも自由に仕事や勉強ができるコワーキングスペースといったパブリックスペースが床面積の6割を占める。12月9日に、約300メートル南東にある両国橋支店を統合し、オープンする。

 建物は、鉄骨地上4階、地下1階建てで延べ4973平方メートル。外装はガラス張りで、現本店営業部(徳島市西船場町)での銀行業務や個人ローン相談といったサービスは全て新本店営業部ビルに移す。パブリックスペースには、旧新町ビルにあった市民ギャラリー「阿波銀プラザ」や、約300冊の本や雑誌を読めるスペース、金融について学べるキッズスペースなどを設ける。現金自動受払機(ATM)も5台設置する。総事業費は2…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集