メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保健医療経営大

閉校へ 23年春めど、開校以来定員割れ続き みやま /福岡

 みやま市瀬高町の医療系単科大学「保健医療経営大学」(広田良夫学長)が、今春の新入生が卒業する2023年春をめどに閉校する見通しであることが分かった。保健・医療・福祉分野の急速な進歩や細分化に対応できる専門性を持った病院経営者や事務職員の養成を目指したが、2008年4月の開校以来定員割れが続き、今後も学生の確保が難しいと判断した。同大が近く正式発表する。

 大学関係者によると、同大は聖マリア病院(久留米市津福本町)を運営する社会医療法人「雪の聖母会」が中心になって設立した学校法人「ありあけ国際学園」が開校。保健医療経営学部の単科大学で、初年度から定員150人に対し入学者27人と定員割れだった。13年度から80人に減らしても定員に達せず、今年4月の新入生も41人だった。5月現在の在学生は130人で、卒業生の多くは病院や福祉施設、医薬品関連会社に就職し…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです