メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

丸山議員、辞職勧告検討 「戦争」発言 与野党「維新主導」求める

 与野党は15日、北方領土返還に関し「戦争をしないとどうしようもなくないか」と発言した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=に対する議員辞職勧告決議案の提出の検討を始めた。丸山氏を除名処分とした日本維新の会は議員辞職も求めているが、衆院の所属議員数(11人)が提出に必要な20人に満たないため、「決議案が出れば賛成する」(松井一郎代表)方針。一方、他党は「維新が提出を主導すべきだ」との認識だ。提出されれば自民党も賛成して可決される見通しだが、提出の前の段階で調整が必要な状況だ。15日の衆院議院運営委員会では、与野党から「看過できない」「重大な問題だ」と批判が相次いだ。

 決議案の動きに丸山氏はツイッターで反発。「言論府が自らの首を絞める行為に等しい」として、提出後はネ…

この記事は有料記事です。

残り2057文字(全文2393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです