メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米中「文明の衝突」論=坂東賢治

 <moku-go>

 第二次大戦後、モスクワ駐在の米外交官がソ連の政治体制や外交姿勢を分析した「長文の電報」をワシントンに送った。米国の対ソ政策に大きな影響を与えた文書の筆者は国務省に新設された政策企画局の初代局長に就任する。

 ソ連「封じ込め」戦略の立案者とされるジョージ・ケナンだ。ケナンが米誌「フォーリン・アフェアーズ」(1947年7月号)に「X」の匿名で発表した「X論文」は「辛抱強く強固で注意深い封じ込め」を提言し、冷戦時の米国の対ソ政策の基調となった。

 トランプ現政権の政策企画局長はキロン・スキナー氏。黒人の女性政治学者で昨年9月、ポンペオ国務長官に…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです