メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
木語

米中「文明の衝突」論=坂東賢治

 <moku-go>

 第二次大戦後、モスクワ駐在の米外交官がソ連の政治体制や外交姿勢を分析した「長文の電報」をワシントンに送った。米国の対ソ政策に大きな影響を与えた文書の筆者は国務省に新設された政策企画局の初代局長に就任する。

 ソ連「封じ込め」戦略の立案者とされるジョージ・ケナンだ。ケナンが米誌「フォーリン・アフェアーズ」(1947年7月号)に「X」の匿名で発表した「X論文」は「辛抱強く強固で注意深い封じ込め」を提言し、冷戦時の米国の対ソ政策の基調となった。

 トランプ現政権の政策企画局長はキロン・スキナー氏。黒人の女性政治学者で昨年9月、ポンペオ国務長官に…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです