メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

雇用延長方針 人手不足に働く70歳

 15日にあった政府の未来投資会議で、70歳までの雇用の確保を努力義務として企業に課す高年齢者雇用安定法改正案の具体的な内容が示された。政府は、高齢者がより長く働ける仕組みが人手不足の解消や社会保障制度の安定化につながると期待するが、働く現場はどう受け止めるのか。

次世代育成に不可欠 早く隠居し休みたい

 薄暗い工場に鉄骨の甲高く硬い音が響き、溶接の青白い火花が散る。柱とはりを接続する「サイコロ」を組み立てる作業台の前。熟練工の郡司孝一さん(67)が、若手従業員に見本を示していた。加工指示書の束を確認しながら、ビルや工場の建設に使う鉄骨の部材をつないでいく。

 高卒後、半世紀近く鉄骨を加工する工場で働いてきた。「寸法は、しっかり確認して」。助言に若手が深くうなずく。郡司さんが目尻を下げた。「この仕事が大好きで……。定年がなくて本当に恵まれている」

この記事は有料記事です。

残り2697文字(全文3072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです