メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

骨髄バンクの役割知ってほしい=橋本明子・特定非営利活動法人「血液情報広場・つばさ」理事長

橋本明子 特定非営利活動法人「血液情報広場・つばさ」理事長

 今年2月に水泳選手の池江璃花子さん、4月には歌手の岡村孝子さんが白血病になったと発表された。それに関連し、骨髄移植を希望する患者の皆さんにドナー(提供者)の方をあっせんする「日本骨髄バンク」が注目されることになった。

 白血病は、大きく分けると急性リンパ性白血病(ALL)と急性骨髄性白血病(AML)、慢性骨髄性白血病(CML)があるが、CMLは2001年から、分子標的薬を服用することで従来の暮らしを続けられるようになっている。近年、ALL、AMLも薬の長期投与による治療が効果を発揮し、社会復帰できる人が増えてきた。

 それでも今も骨髄移植は、薬だけでは治せそうにないタイプの白血病を含む血液がんへの治療法として、家族…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです