メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

瀬戸内から見る地方再生の糸口=三野雅弘

 交通が極めて不便で人口減と高齢化が深刻な離島でも、大きな集客力を生み出せる。そのお手本ともいえるイベントが始まった。

 瀬戸内海の12の島と二つの港を会場に、3年ごとに開かれる「瀬戸内国際芸術祭」(瀬戸芸)だ。春、夏、秋の3シーズンに分けて、計107日間の日程で30以上の国・地域のアーティストが現代アート作品を披露する。

 島は、作品を見て回る大勢の人であふれている。若い女性や外国人も多い。過疎地ではめったに見られない光…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです