メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

瀬戸内から見る地方再生の糸口=三野雅弘

 交通が極めて不便で人口減と高齢化が深刻な離島でも、大きな集客力を生み出せる。そのお手本ともいえるイベントが始まった。

 瀬戸内海の12の島と二つの港を会場に、3年ごとに開かれる「瀬戸内国際芸術祭」(瀬戸芸)だ。春、夏、秋の3シーズンに分けて、計107日間の日程で30以上の国・地域のアーティストが現代アート作品を披露する。

 島は、作品を見て回る大勢の人であふれている。若い女性や外国人も多い。過疎地ではめったに見られない光…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです