メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

瀬戸内から見る地方再生の糸口=三野雅弘

 交通が極めて不便で人口減と高齢化が深刻な離島でも、大きな集客力を生み出せる。そのお手本ともいえるイベントが始まった。

 瀬戸内海の12の島と二つの港を会場に、3年ごとに開かれる「瀬戸内国際芸術祭」(瀬戸芸)だ。春、夏、秋の3シーズンに分けて、計107日間の日程で30以上の国・地域のアーティストが現代アート作品を披露する。

 島は、作品を見て回る大勢の人であふれている。若い女性や外国人も多い。過疎地ではめったに見られない光…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです