メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論プラス

政府の温暖化長期戦略案 経済成長が前面に CO2再利用技術頼み=論説委員・鴨志田公男

2020年に稼働予定のCO₂回収装置=福岡県大牟田市で、東芝エネルギーシステムズ提供

 政府は先月まとめた地球温暖化対策の長期戦略案で、温室効果ガスの排出が実質ゼロとなる「脱炭素社会」の実現を打ち出した。パリ協定の理念に基づく方針で評価できるが、回収した二酸化炭素(CO2)から燃料を作り出すなど、画期的な技術の開発に大きな期待を寄せている。これが、短期的な排出削減の強化など今やるべき対策を先延ばしする言い訳になってしまっては、本末転倒だ。

この記事は有料記事です。

残り2168文字(全文2346文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです