メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

児童虐待防止関連法案審議入り 今度こそ根絶への一歩に=横田愛(くらし医療部)

虐待死事件があったアパートの前に花などを供え手を合わせる男性=東京都目黒区で2018年6月9日、西本勝撮影

 児童虐待防止対策の強化に向けた児童福祉法などの改正案が国会で審議入りした。子どもが心安らぐ場であるはずの家庭内で親から虐待を受け、命を落とした東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)と千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)の2人の事件が社会を揺さぶり、政治を動かした。親による体罰禁止の法制化など前進も見られるが、法改正は虐待根絶に向けた一里塚でしかない。虐待対応を底上げできるかは、今後の取り組みにかかっている。

この記事は有料記事です。

残り1821文字(全文2038文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです