メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露

関係改善、課題多く 対ベネズエラ・イラン、深い溝

会談したプーチン露大統領(右)とポンペオ米国務長官=ロシア南部ソチで14日、ロイター

 【モスクワ大前仁】ロシア南部ソチを訪れていたポンペオ米国務長官は14日、プーチン露大統領やラブロフ露外相と相次いで会談し、双方は「全面的に関係を築き直したい」(プーチン氏)との考えで一致した。米露両国は6月末に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の場で首脳会談の開催に向け調整していく。ただし国際情勢では意見の隔たりが大きく、どの程度まで関係を改善できるのかは不透明なままだ。

 ポンペオ氏によるとプーチン氏との会談は2時間近くに及び、北朝鮮やシリア情勢、2021年に期限を迎え…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです