メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授
米露

関係改善、課題多く 対ベネズエラ・イラン、深い溝

会談したプーチン露大統領(右)とポンペオ米国務長官=ロシア南部ソチで14日、ロイター

 【モスクワ大前仁】ロシア南部ソチを訪れていたポンペオ米国務長官は14日、プーチン露大統領やラブロフ露外相と相次いで会談し、双方は「全面的に関係を築き直したい」(プーチン氏)との考えで一致した。米露両国は6月末に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の場で首脳会談の開催に向け調整していく。ただし国際情勢では意見の隔たりが大きく、どの程度まで関係を改善できるのかは不透明なままだ。

 ポンペオ氏によるとプーチン氏との会談は2時間近くに及び、北朝鮮やシリア情勢、2021年に期限を迎える新戦略兵器削減条約(新START)延長問題などを協議した。ウシャコフ露大統領補佐官も「飛躍的な進展とは感じていないが、実務的な姿勢がうかがえた」と米国の態度に一定の評価を与えた。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです