メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革

多様な働き方、全社員で 週休3日/残業代還元/短時間労働を評価

 企業の「働き方改革」で育児や介護を抱える社員の負担軽減だけでなく、全社員の労働時間削減を促す取り組みが広がっている。日本マイクロソフト(MS)は今年8月、全社員を対象に週休3日制を試験導入。三菱地所プロパティマネジメントは2018年度に勤務時間削減で浮いた残業代を社員に全額還元した。短時間で効率よく働ける環境を整えることで、企業の生産性を高めるとともに社員の労働環境を改善する狙いがある。【今村茜】

 日本マイクロソフトは8月の1カ月、週休3日制を導入する。週末3日間を家族旅行やスキルアップの時間に充ててもらい、費用も最大10万円まで補助する。給与額は変わらない。平野拓也社長は「短い時間で働き、よく休み、よく学ぶ。人生に生きがいを感じ、仕事でもより多くのインパクトを出す環境が必要だ」と強調。また、「働く時間が20%減るが、今までと同じ成果を出すにはどうすればよいかを自ら考え、実践してほしい」と…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです