メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手銀行

本業回復見えず 株安が打撃 みずほ大幅減益 3月期

 大手銀行の2019年3月期連結決算が15日、出そろった。長引く超低金利環境に加えて株価下落も影響し、本業のもうけを示す業務純益は5グループ合算で前期比13・2%減の1兆7916億円となり、4年連続で減少した。最終(当期)利益も24・0%減の2兆449億円で2年ぶりの減少。米中貿易戦争の激化など経済の先行きが不透明な中で、各グループは業務の立て直しを急ぐ。

 最終利益では、みずほフィナンシャルグループ(FG)が国内店舗削減などの構造改革に伴う損失を6954…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです