大手銀行

本業回復見えず 株安が打撃 みずほ大幅減益 3月期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大手銀行の2019年3月期連結決算が15日、出そろった。長引く超低金利環境に加えて株価下落も影響し、本業のもうけを示す業務純益は5グループ合算で前期比13・2%減の1兆7916億円となり、4年連続で減少した。最終(当期)利益も24・0%減の2兆449億円で2年ぶりの減少。米中貿易戦争の激化など経済の先行きが不透明な中で、各グループは業務の立て直しを急ぐ。

 最終利益では、みずほフィナンシャルグループ(FG)が国内店舗削減などの構造改革に伴う損失を6954億円計上して大幅減益となるなど、三井住友トラストホールディングス(HD)を除く4グループが減益となった。

この記事は有料記事です。

残り1373文字(全文1654文字)

あわせて読みたい

注目の特集