メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプ大統領の炎上商法=東洋大学国際学部教授・横江公美

 激化する米中貿易戦争はグローバリゼーションの終わりか、それともトランプ米大統領の「炎上商法」なのだろうか--。どちらかというと、後者に近いだろう。トランプ氏はグローバリズムという考え方を批判しているわけではなく、貿易戦争をしかけて各国の世論を「炎上」させることで注目を集め、グローバリゼーションに潜む問題に正面から向き合っているのだ。

 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は米CNNのインタビューで「各国はグローバリゼーションで不利益を被った人々に必要な処置をとってこなかった」と指摘したうえで、これらの人々への「救済策」は必要だとの見方を示した。IMFは2012年、貧富の格差が先進国でも広がっているとの報告書を発表している。16年の米大統領選で、1%のお金持ちが全体のほぼ40%の富を占めているという数字が話題になったが、これ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです