メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁判員制度

導入10年 「分かる法廷」模索続く 千葉地裁裁判官、東京地検公判部副部長、日本弁護士連合会副委員長の話

千葉地裁・向井香津子裁判官

本音で話せる環境重要 千葉地裁・向井香津子裁判官

 質の高い審理を目指し、法曹三者が努力した10年だった。審理は計画的、集中的になり、証人尋問をはじめ、法廷内のやりとりが中心になった。今も途上だが、本来の刑事裁判が求める姿に近づいてきたといえる。

 これまで数十件の裁判員裁判に携わった。評議はいつもダイナミックだと感じている。多様な人生経験がある裁判員の感覚から意見を述べてもらい、議論を深める大切さを実感している。裁判員が本音で話せる環境があってこそ、裁判官と裁判員の対等な議論が可能になる。この10年、裁判官は議論の雰囲気作りに相当な工夫を重ねてきた。

 「分かりやすい裁判」というが、見た目や言葉の平易さにとらわれてはならない。法律上の用語や解釈の本質…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです