メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

患者100万人時代に備える 大腸がん/中 新薬登場、治療の幅広がる

大腸の左右の違い

 患者数の最も多い大腸がんは、早期発見で切除さえできれば根治が望める。遺伝子検査に基づく新たな治療法が登場するなど、大腸がん治療を巡る最新事情をまとめた。

 ●AIが高精度検査

 「大腸がんの予後は良好だ」。がん研究会有明病院の福長洋介消化器センター長はこう説明する。全国がんセンター協議会の4月発表の調査で、5年相対生存率はリンパ節に転移がないと約9割。「早期発見し、切除すれば大腸がんは根治できる」と話す。

 検診でがんの前段階であるポリープを見つける効果も大きい。ポリープの多くは良性腫瘍だが、一部ががん化…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです