メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

患者100万人時代に備える 大腸がん/中 新薬登場、治療の幅広がる

大腸の左右の違い

 患者数の最も多い大腸がんは、早期発見で切除さえできれば根治が望める。遺伝子検査に基づく新たな治療法が登場するなど、大腸がん治療を巡る最新事情をまとめた。

 ●AIが高精度検査

 「大腸がんの予後は良好だ」。がん研究会有明病院の福長洋介消化器センター長はこう説明する。全国がんセンター協議会の4月発表の調査で、5年相対生存率はリンパ節に転移がないと約9割。「早期発見し、切除すれば大腸がんは根治できる」と話す。

 検診でがんの前段階であるポリープを見つける効果も大きい。ポリープの多くは良性腫瘍だが、一部ががん化する。内視鏡検査で5ミリ以上のポリープを切除すれば予防できる。人工知能(AI)を使い、がん化するポリープを見極める研究も進む。この分野に詳しい医療ベンチャー「AIメディカルサービス」会長の多田智裕医師は「高精度の検査ができ、医師にも患者にも利点は大きい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです