メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

頭文字を見ると 東京都羽村市・堀内寿美子(主婦・70歳)

 新元号が令和と発表された時、3文字の音の響きと文字の姿がともにすっきりしていて美しいと好印象を持ちました。しばらくしてあることに気づいて「あらまあ」と思わず口に出してしまいました。

 明治以降の元号を、アルファベットで表記した時の頭文字を見ますと明治がM、大正はT、昭和はS、平成はH、令和はRになりますが、家族の姓と、それぞれの名の頭文字が、それらと一致することに気づいたのです。名ではMが娘、Tは夫、Sは私。Hは姓で、Rは息子の名、となります。あまりの偶然に絶句してしまいまし…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです