メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

頭文字を見ると 東京都羽村市・堀内寿美子(主婦・70歳)

 新元号が令和と発表された時、3文字の音の響きと文字の姿がともにすっきりしていて美しいと好印象を持ちました。しばらくしてあることに気づいて「あらまあ」と思わず口に出してしまいました。

 明治以降の元号を、アルファベットで表記した時の頭文字を見ますと明治がM、大正はT、昭和はS、平成はH、令和はRになりますが、家族の姓と、それぞれの名の頭文字が、それらと一致することに気づいたのです。名ではMが娘、Tは夫、Sは私。Hは姓で、Rは息子の名、となります。あまりの偶然に絶句してしまいまし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです