メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/7止 北極圏権益、中国が攻勢 アイスランドに豪華大使館

アイスランド・レイキャビクで威容を誇る中国大使館=3月11日

 <科学の森>

各国、資源・航路に熱視線

 ●温暖化で氷解け

 5階建ての黒塗りのビルの正面に、五星紅旗がはためく。北極圏に面したアイスランドの首都・レイキャビクの大通り沿いに7年前に完成した中国大使館を、地元住民は「ブラックキャッスル(黒い城)」と呼ぶ。人口35万人の小国に置かれた大使館としては、ひときわ豪勢で異彩を放つ。

 鉄条網のある柵や随所にある監視カメラからはものものしい雰囲気が漂うが、1階のホールでは住民らを招いた催しがたびたび開かれるという。昨秋、中国文化を紹介する「チャイナ・ナイト」に参加したという元教師のヘルギ・グリムリノソンさん(68)は「中国舞踊を初めて鑑賞し、楽しかった」。近くで飲食店を営むユナ・オウガストソンさん(33)は「市内に居住する中国人が増え、団体で来てくれる」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り2210文字(全文2563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです