メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

貴景勝、天敵破る

取組後に膝を押さえる貴景勝(右)=滝川大貴撮影

4日目(15日・両国国技館)

 横綱・鶴竜が遠藤を動きよく降して4連勝。他に勝ちっ放しは、大関復帰を目指す関脇・栃ノ心と平幕の朝乃山。

 3日目に総崩れした3大関はそろって白星。貴景勝は先場所まで5連敗と合口の悪い小結・御嶽海を寄り切りで退け、琴奨菊に勝った豪栄道とともに3勝目を挙げた。高安は北勝富士を圧倒して星を五分に戻した。

 新入幕で体重99キロの炎鵬は180キロの大翔鵬を下手投げで転がし3勝1敗とした。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1260文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです