メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白血病治療

3349万円新薬に保険適用 1回当たり最高額

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は15日、一部の白血病などの血液がんを治療する新薬「キムリア」の保険適用を了承した。投与は1回だけで済み、価格は3349万円。1回当たりの薬の価格としては最高額となる。22日から保険が使える。

 患者から採取した免疫細胞の遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高める「CAR-T(カーティー)細胞療法」と呼ばれる国内初の治療法。既存の治療法が効かない患者にも効果が高いとされる。保険適用で治療費の大部分がカバーされる一方、医療財政への影響を懸念する声も上がりそうだ。キムリアは米国では5000万円超の費用がかかり、価格が注目されていた。

 治療費の窓口負担は通常1~3割だが、月ごとの自己負担に上限を設ける「高額療養費制度」があり、年収約…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです