難病法

見直し議論スタート 厚労省検討会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 患者数の少ない疾患に医療費助成などをする難病法の見直し議論が15日、厚生労働省の有識者検討会で始まった。同法の対象疾患は現在331あるが、医療技術の進歩で治療法が広がった疾患を対象から外すかどうかなどが焦点になる。現状では助成対象外の軽症者への支援を求める声も、委員から出た。

 難病法と、小児がんなど子どもの難病の医…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集