メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与野党折り合わず幹事選任のみ わずか1分で終了 衆院憲法審査会

衆院憲法審査会に臨む議員たち=国会内で2019年5月16日午前9時、川田雅浩撮影

 衆院憲法審査会は16日、国民民主党に離党届を提出した階猛氏の後任の幹事に同党の奥野総一郎氏を選任した。審議を巡っては与野党が折り合わず、でわずか1分で終了。自民党は今国会での国民投票法改正案の成立に向け、5月中には衆院本会議で可決したい考えだが、憲法審での審議も見通せない状況が続いている。

 同日の憲法審後、与野党は法案の取り扱い…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです