送電網増強 大手電力負担で 再エネ融通 経産省方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地域間連系線の増強計画
地域間連系線の増強計画

 経済産業省は16日、太陽光など再生可能エネルギーの電力を広い地域で効率的に利用するため、北海道・東北間と、東北・東京間を結ぶ送電網の増強費用を全国の大手電力会社で分担する仕組みを導入する方針を示した。費用は800億円に上る見通し。再エネ普及のため、全国一律で国が電気料金に上乗せして徴収している賦課金などを財源にする方向だ。

 北海道や東北は広い土地があり、太陽光、風力など再エネ発電の施設が今後増えることが見込まれる。だが人口が少なく発電しても消費しきれないため、政府は人口が密集した関東に送電して効率的な利用を進めたい考え。

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1235文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集