メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

EU欧州議会選挙まで1週間 職員たちの「#MeToo」

性差別やセクハラの根絶に向けた誓約書のポスターを掲げるジャンヌ・ポンテさん。間近に控えた欧州議会選挙で、すべての候補者に署名を求めている=ブリュッセルの欧州議会で2019年4月29日、八田浩輔撮影

 1週間後に控えた欧州連合(EU)の欧州議会選挙で、性差別やセクシュアルハラスメントの根絶に向けた取り組みを明記した誓約書への署名を候補者に求めるキャンペーンが広がっている。主体となっているのは、欧州議会でセクハラや性暴力の被害を経験した女性職員たち。欧州議会の「#MeToo」は今も続いている。

「政治の世界では普通だから慣れなさい」

 キャンペーンに取り組むジャンヌ・ポンテさん(28)は欧州議員の公設秘書を務めている。欧州議会の報告書(2018年)によると、ジャンヌさんのような議員秘書や政党の秘書を含む欧州議会で働く事務系職員約5000人のうち6割を女性が占める。「こうした数字を基に、欧州議会は世界の議会でも常に良きお手本であると言われてきました」

 しかし、とジャンヌさんは続ける。有期雇用の多い職場環境の中で、一般的に契約形態が良くなるほど、また…

この記事は有料記事です。

残り2165文字(全文2542文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです