連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

EU欧州議会選挙まで1週間 職員たちの「#MeToo」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
性差別やセクハラの根絶に向けた誓約書のポスターを掲げるジャンヌ・ポンテさん。間近に控えた欧州議会選挙で、すべての候補者に署名を求めている=ブリュッセルの欧州議会で2019年4月29日、八田浩輔撮影
性差別やセクハラの根絶に向けた誓約書のポスターを掲げるジャンヌ・ポンテさん。間近に控えた欧州議会選挙で、すべての候補者に署名を求めている=ブリュッセルの欧州議会で2019年4月29日、八田浩輔撮影

 1週間後に控えた欧州連合(EU)の欧州議会選挙で、性差別やセクシュアルハラスメントの根絶に向けた取り組みを明記した誓約書への署名を候補者に求めるキャンペーンが広がっている。主体となっているのは、欧州議会でセクハラや性暴力の被害を経験した女性職員たち。欧州議会の「#MeToo」は今も続いている。

「政治の世界では普通だから慣れなさい」

 キャンペーンに取り組むジャンヌ・ポンテさん(28)は欧州議員の公設秘書を務めている。欧州議会の報告書(2018年)によると、ジャンヌさんのような議員秘書や政党の秘書を含む欧州議会で働く事務系職員約5000人のうち6割を女性が占める。「こうした数字を基に、欧州議会は世界の議会でも常に良きお手本であると言われてきました」

 しかし、とジャンヌさんは続ける。有期雇用の多い職場環境の中で、一般的に契約形態が良くなるほど、また地位が上がるほど男性が多くなる。60年を超える欧州議会の歴史の中で事務方トップの事務局長に女性が就いたことはないという。さらに議員となると、女性の割合は36・1%(19年3月現在)で男女比が逆転する。女性議長は、これまでに2人だけ。そのうちの一人は、1960~70年代にフランスの女性解放運動で大きな…

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2542文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集