メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ポピュリズムへの防波堤」目指す仏マクロン新党 欧州議会選まで1週間

支持者や他のリベラル政党の候補者らに拍手で迎えられる「共和国前進」の候補者、ロワゾー前欧州問題担当相(右端)=仏東部ストラスブールで、賀有勇撮影

 【ストラスブールで賀有勇、ブリュッセル八田浩輔】今月23~26日に欧州連合(EU)全域で行われる欧州議会選挙まで1週間。親EUの旗振り役であるフランスのマクロン大統領の政党「共和国前進」は、初めての欧州議会選を迎える。各地でEUに懐疑的なポピュリズム(大衆迎合主義)政党の躍進が見込まれる中、「防波堤」として存在感を発揮できるのか、注目が集まる。

 今月11日、共和国前進は仏東部ストラスブールで大規模な選挙集会を開いた。ドイツとの国境に近いストラスブールは両国の係争に翻弄(ほんろう)された歴史があり、「欧州の平和は仏独の和解から」として欧州議会が置かれた欧州統合を象徴する都市だ。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです