メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別れた腹いせに元交際相手の性的画像を女性の知人へメール 容疑の男逮捕

大阪府警本部=藤田剛撮影

 元交際相手の女性のわいせつな画像を、女性の知人らにメールで何度も送ったとして、大阪府警が堺市堺区の自営業、富松栄一容疑者(48)を私事性的画像記録提供(リベンジポルノ)被害防止法違反などの疑いで逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。画像は交際中の盗撮とされ、別れた腹いせに7カ月間にわたって繰り返し送信していた。

 大阪地検は同法違反などに加えて、ストーカー規制法違反の罪でも起訴。起訴内容は昨年6月~今年1月、女性の知人4人に計13回、女性のわいせつな画像をメールで送ったとしている。14日に大阪地裁で初公判があり、起訴内容を認めた。

 関係者によると、女性は被告と別れた後、メールなどで嫌がらせを受け始めた。さらに、盗撮されたわいせつ画像が女性の知人らに送られ、「次は動画を配信する」という趣旨の記載も。女性の相談を受けた府警が、今年3月に逮捕した。

 リベンジポルノ被害防止法は東京都三鷹市の女子高生ストーカー殺人事件をきっかけに2014年に成立。対象者が特定できる方法で性的な画像を多数に提供すると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される。【安元久美子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです