華やか令和の葵祭 沿道に4万7000人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
下鴨神社の糺(ただす)の森を進む葵祭の行列=京都市左京区で2019年5月15日午前11時50分、川平愛撮影
下鴨神社の糺(ただす)の森を進む葵祭の行列=京都市左京区で2019年5月15日午前11時50分、川平愛撮影

 初夏の爽やかな青空の下、宮廷装束姿の約500人が都大路を練り歩いた15日の葵祭。改元後初めての京都三大祭りとあって、行列は例年にも増して華やいだ雰囲気に包まれた。京都御所を出発して下鴨神社、上賀茂神社を巡った沿道には約4万7000人(午後3時半現在、府警発表)の観客が集まり、時空を超えて現れたような斎王代の輿(こし)や牛車の姿を目で追っていた。下鴨神社での「社頭の儀…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集