メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「令和」でフィーバー 太宰府・坂本八幡宮が18日から社務再開

多くの参拝客が並ぶ坂本八幡宮前=福岡県太宰府市で2019年5月1日午前10時24分、津村豊和撮影

 新元号「令和」ゆかりの地として参拝客が急増し、神札の授与などの社務を中止している福岡県太宰府市の坂本八幡宮は18日から社務を再開する。氏子会が13日に開いた臨時総会で御田良知宮司の提案をもとに協議して決めた。

 月曜と木曜を除く日の午前9時から午後4時まで、氏子やその家族、知人らが交代で神札や書き置きの御朱印の授与に当たる。御朱印帳への揮毫(きごう)は宮司か筆耕者がいる場合に限り、不定期になるという。6月中旬にはプレハブの社務所を設ける予定で、それまではテントで対応する。

 坂本八幡宮は「令和」の由来となった「梅花の宴」が催された大友旅人邸跡とされる場所の一つで、新元号の発表後、参拝客が殺到。氏子らが対応に忙殺されたため、大型連休明けから社務を取りやめていた。【桑原省爾】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです