メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川沿いに汚泥野積み サクラエビ不漁との因果関係調査 山梨

雨畑川沿いに放置された汚泥(左)=山梨県提供

 山梨県早川町の雨畑川沿いに産業廃棄物の汚泥を投棄したとして、県は廃棄物処理法に基づき、同町の砂利採取業者に撤去するよう行政指導した。県が15日明らかにした。雨畑川が早川と合流した後に注ぐ駿河湾ではサクラエビの記録的不漁が続いている。県は汚泥と不漁の因果関係は「現時点で不明」とし、調査を継続している。

 県環境整備課などによると、県に10日、「汚泥が不法投棄されている」との情報が寄せられた。県が調べると、この砂利採取業者が上流の雨畑ダムで採取した土から販売用の砂利を選別した後の汚泥を川の横に放置していた。一部の汚泥は川に流れ出しているのも確認された。河川法は河川区域内での盛り土などを禁じており、県は同法違反に当たる可能性もあるとみて、放置された時期や汚泥の量を調査している。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た「第3波を防げなかった理由」

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです