メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死産の胎児、清掃員が誤ってトイレに流す さいたま赤十字病院

 さいたま市のさいたま赤十字病院で3月、入院中の女性(36)がトイレで死産した胎児を、誤って清掃員が流していた。16日、同病院への取材で判明した。病院は女性に謝罪した。

     病院や市保健所によると、女性は市内在住で妊娠14週だった。胎児の心拍が停止したことから、同月18日に死産処置するために入院した。翌19日、処置室に入った女性がトイレに行ったところ、死産した。職員が女性を処置室に移動させ、医師を呼びに行っている最中、清掃員が誤って流してしまったという。病院は女性に謝罪するとともに、清掃マニュアルの見直しなどについて説明した。

     市保健所は「医療事故とは認識していないが、再発防止と患者への丁寧な説明をするよう助言した」と話している。【鷲頭彰子】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    2. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
    3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
    5. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです