メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速バス事業者 G20の大規模交通規制に困惑 運休する事業者も

G20を受けて一部路線の運休を決めた高速バス=徳島市のJR徳島駅前高速バス乗り場で2019年5月16日午前8時58分、松山文音撮影

 6月28、29日に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に伴い、市内の高速道路を中心に大規模な交通規制が実施され、大阪と四国などを結ぶ高速バスの事業者が困惑している。渋滞で到着時間を見通せない恐れから同月27~30日に大部分の便の運休を決めた事業者もあり、市民生活への影響がより広範な地域に広がることが確実だ。

 南海バス(堺市)や阪急バス(大阪府池田市)、阪神バス(兵庫県尼崎市)と共同で大阪―徳島間を1日20…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文893文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです