高速バス事業者 G20の大規模交通規制に困惑 運休する事業者も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
G20を受けて一部路線の運休を決めた高速バス=徳島市のJR徳島駅前高速バス乗り場で2019年5月16日午前8時58分、松山文音撮影
G20を受けて一部路線の運休を決めた高速バス=徳島市のJR徳島駅前高速バス乗り場で2019年5月16日午前8時58分、松山文音撮影

 6月28、29日に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に伴い、市内の高速道路を中心に大規模な交通規制が実施され、大阪と四国などを結ぶ高速バスの事業者が困惑している。渋滞で到着時間を見通せない恐れから同月27~30日に大部分の便の運休を決めた事業者もあり、市民生活への影響がより広範な地域に広がることが確実だ。

 南海バス(堺市)や阪急バス(大阪府池田市)、阪神バス(兵庫県尼崎市)と共同で大阪―徳島間を1日20往復以上運行する徳島バス(徳島市)は6月27~29日を終日運休にする。30日も午後8時45分以降に南海なんば(大阪市浪速区)を出発する3便を除き、運行を取りやめ。関西空港―徳島間も30日夜に2便運行するのみで、大阪―阿南(徳島県阿南市)間は4日間終日運休。G20の影響で運休となる便数は上下約340便…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文893文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集