メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松の人気うどん店「さか枝」が一時休業へ 店主が高齢で引退決意

さか枝のうどんを食べようと長蛇の列を作る会社員ら=高松市番町5で2019年5月16日午後0時21分、潟見雄大撮影

 高松市番町5にある人気うどん店「さか枝」が5月31日を最後に、一時休業することを決めた。リニューアルし、今年秋ごろの再開を目指すという。

 店によると、店主の坂枝良弘さんが高齢のため、引退を決意。帰省客などを考慮し、ゴールデンウイーク後の一時休業を決めた。休業中に内装を工事し、リニューアルオープンを…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです