メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「気づかれたい」補聴器 ファッション性にこだわり 大阪の企業が7月から発売

「気づかれたい」をコンセプトに開発した補聴器「センティ」=アイシンヘルスケア提供

 「気づかれたい」をコンセプトにした補聴器を、大阪の企業「アイシンヘルスケア」(大阪市西区)が開発、7月から発売する。

 商品名は「SENTI(センティ)」(縦5センチ、横8センチ、厚さ2センチ)。同社によると、「できれば使いたくない、使っても周りに気づかれたくない」という使用者の従来イメージをポジティブに変えるため開発した。

 補聴器を必要とする人は、自分が難聴であることを隠しがち。しかし、災害や事故などの非常時は耳が不自由だとすぐに認知してもらうことが必要。そういった総合的な観点から「逆転の発想」が生まれ、おしゃれ感覚で使ってもらう意味を込めて作った。音楽プレーヤーのようにイヤホンを耳に差し込むタイプで、シンプルでおしゃれ雑貨のようなデザインとファッション性にこだわったという。

 色はダスティピンクとミッドナイトブルーの2種。高度難聴まで対応し、簡単に音量と音質を調節できる機能を内蔵している。補聴器はオーダーメードの耳穴型だと20万~30万円くらいする高価なものだが、センティは2万7800円(非課税)と価格をおさえた。

 河村光宏社長(49)は「目立たなくするため小型化が進む補聴器だが、隠すものから見せるものへと補聴器のイメージを変えていきたい」と話している。【高橋望】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです