宮内庁所蔵の馬車 17日から一般公開 明治製造 静岡・沼津御用邸記念公園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 皇室ゆかりの沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市下香貫)の厩舎(きゅうしゃ)跡「新主馬(しんしゅめ)」で宮内庁所蔵の馬車が17日から一般公開される。報道向け内覧会が16日開かれた。1911(明治44)年製造で、明治、大正、昭和、平成、令和と5代にわたり宮内庁が使っている。公開は30日まで。

 木造漆塗りで内装は西陣織。長さ3・7メ…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文374文字)

あわせて読みたい

ニュース特集