特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2 リュウグウ降下中止 ターゲットマーカーも投下せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
はやぶさ2が高度約1.7キロから撮影したリュウグウの表面。中央付近にくぼみができて暗くなっている=JAXA、東京大など提供
はやぶさ2が高度約1.7キロから撮影したリュウグウの表面。中央付近にくぼみができて暗くなっている=JAXA、東京大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小惑星リュウグウの表面の観測を目指していた探査機「はやぶさ2」が高度50メートル付近で降下を中止したと発表した。はやぶさ2はこの日、高度10メートル付近まで降下し、着陸時の目印となる「ターゲットマーカー」を投下する計画だった。探査機が降下をやめた原因を調べている。探査機の状態は正常だという。

 はやぶさ2は、今年2月に初めてリュウグウへの着陸に成功し、4月には衝突装置を利用して計画通りリュウグウ表面に銅の塊をぶつけた。現在は、衝突装置が人工的に作ったクレーター付近への着陸を目指しており、今回は低高度からリュウグウ表面のデコボコを詳細に観測するとともに、次の着陸に備えてターゲットマーカーを落とす予定だった。JAXAによると、ターゲットマーカーは投下しなかったという。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文484文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集