メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20 一般道でも交通規制 9エリアが対象 大阪府警

 来月28、29両日に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に伴い、大阪府警は16日、開催日前後を含む4日間、市内の一般道でも交通規制を実施すると発表した。各国首脳らの宿泊先や会場がある計9エリアが対象。首脳らの移動に合わせて随時規制され、長い場合で数時間に及ぶ可能性がある。高速道路でも大規模な規制があり、府警は車の利用自粛や迂回(うかい)を呼び掛けている。

 G20首脳会議は大阪湾の人工島・咲洲(さきしま)で開かれる。6月27~30日の4日間で規制される一般道は、会場があるインテックス大阪(大阪市住之江区)付近のほか、JR大阪駅、大阪城、難波、天王寺の周辺など。さまざまな会合が市中心部でも開かれる予定で、対象エリア内は断続的に通行止めとなり、警察官が迂回路に誘導して対応する。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです