メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心愛さん父 「やめて」と止める母に馬乗り 野田虐待初公判 被告人質問

虐待を訴えた栗原心愛さんの自筆アンケートの写し。欄外には「なぐられる10回(こぶし)」などの書き込みも。当時の担任が聞き取った際に書き込んだ=野田市役所で

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が親から虐待を受けて死亡した事件で、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)は16日、千葉地裁(小池健治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 なぎさ被告は被告人質問で、今年1月、夫の勇一郎被告(41)に「これ以上やらないで。やめて。通報する」と言ったところ、勇一郎被告から胸ぐらをつかまれて馬乗りになられたと打ち明けた。女児については「優しくていつも笑顔で明るい子だった。千葉に引っ越した後、元気がなさそうに見えた」と話した。

 起訴状によると、なぎさ被告は1月22日午後10時~24日午後9時50分ごろ、勇一郎被告が自宅の浴室で女児に冷水のシャワーを浴びせるなどした一連の暴行を制止せず、勇一郎被告の指示で女児に食事を与えなかったなど傷害を手助けしたとされる。

 勇一郎被告は女児に冷水のシャワーを浴びせ続けるなどして飢餓状態や強いストレス状態に陥らせ、ショックまたは致死性不整脈、溺水により1月24日に死亡させたとして傷害致死罪などで起訴された。裁判員裁判で行われる勇一郎被告の公判日程は決まっていない。【宮本翔平、加藤昌平】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです