メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

懲戒請求者の住民票を不正取得 弁護士を書類送検

 福岡県警は16日、所属弁護士会に懲戒請求をしてきた男性の住民票を不正に取得したとして、東京都調布市の男性弁護士(72)を住民基本台帳法違反容疑で福岡地検に書類送検した。弁護士は「見ず知らずの人物が懲戒請求をしてきたので実在するのか確認したかった」と容疑を認めている。

     容疑は2017年2月20日ごろ、業務で住民票を取得する際に使う職務上請求書に「遺産分割調停を申し立てる業務を依頼された」と虚偽の理由を記入して福岡県志免町役場に提出し、30代男性の住民票1通を不正取得したとしている。男性が町へ情報開示請求した際に住民票が不正に交付されていると気付き、昨年8月に県警に相談。町も今年2月に刑事告発した。

     弁護士は第一東京弁護士会所属。09年に島根県の女子大学生が広島県の山中で遺体で見つかった事件で、遺体発見直後に事故死し、殺人容疑などで書類送検された男が絡む別の事件で弁護人を務めた。弁護士がテレビ局の取材に男の印象などを述べたことについて、男性は「守秘義務に反する」として懲戒請求していた。【中里顕】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
    4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
    5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです