メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐藤が74手目を封じる 名人戦第4局1日目

立会の深浦康市九段(左)に封じ手を手渡す佐藤天彦名人。左から2人目は挑戦者の豊島将之王位=福岡県飯塚市の麻生大浦荘で2019年5月16日午後6時40分、田鍋公也撮影

 佐藤天彦名人(31)に豊島将之王位(29)が挑戦する第77期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第4局は16日、福岡県飯塚市の麻生大浦荘で始まり、午後6時32分、佐藤が74手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は豊島3時間53分、佐藤3時間51分。2日目は17日午前9時に再開する。

 同市での名人戦開催は中原誠名人と大山康晴十五世名人の対局以来33年ぶり。豊島が開幕から3連勝して名人位へあと1勝と迫る。カド番に立たされた佐藤は出身地・福岡で反撃を狙う。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです