メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プールで4歳児溺死 保育園に2042万円支払い命じる判決 京都地裁

 京都市上京区の認可保育所「せいしん幼児園」で2014年7月、園児の榛葉(しんば)天翔(あもう)ちゃん(当時4歳)がプールでおぼれ、1週間後に死亡したのは保育士が適切な監視をしなかったためとして、両親らが園を運営する社会福祉法人「正親福祉会」に慰謝料など約4210万円を求めた訴訟の判決で、京都地裁は16日、2042万円の支払いを命じた。井上一成裁判長は「監視役と指導役の分担など安全を確保すべき義務を怠った」と法人の過失を認定した。

 判決によると、天翔ちゃんは14年7月30日、他の園児29人と園舎屋上の約15平方メートルのプール(定員18人、水深約25センチ)で水遊び中、あおむけで沈んでいるのが見つかり、搬送先の病院で同8月6日、低酸素脳症のため死亡した。保育士2人はカメラを取りに行くため離れるなどし、事故発生時は1人だった。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです