メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「野菜売ります」ネットで大麻 少年2人送検 購入の高校生2人も

大阪府警本部=藤田剛撮影

 乾燥大麻をインターネットで販売する目的で所持したとして、大阪府警は16日、府内に住む18~19歳の無職少年2人を大麻取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで送検したと発表した。「1カ月で200人ぐらいに売った」などと供述。府警は2人から大麻を買った高校3年(当時)の男子生徒2人も同法違反(譲り受け)などの容疑で書類送検した。

 少年2人の送検容疑は昨年10月、車内で乾燥大麻約0.15グラムを所持したとしている。府警生野署員が府内の路上で職務質問して発覚した。大阪地検は、大麻を購入した生徒2人を含む4人を家裁送致した。

 府警少年課によると、少年2人は会員制交流サイト(SNS)で大麻を「野菜」と隠語で表し、「野菜売ります」などと書き込んで客を集めていた。

 この大麻は同法違反罪で起訴された竹田智也被告(21)から購入したものを、少年2人が高値で転売していたとみられる。【安元久美子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです